nikibi-hihuka

しつこいニキビに苦しめられ、やっと治ったと思ったらニキビがあった場所に赤みがポツポツと・・・。

せっかくニキビが治ったのに!!」ってあなたはガックリきたことありませんか?このニキビがあった場所にできる赤みのあるニキビ跡って嫌なものですよね。

ニキビ跡を放っておくのは好ましくありません。適切な対応をして早めに治しておきたいところですね!

スポンサードリンク

ニキビ跡を「自分で」治すために必要なこと

ニキビ跡を治すためには皮膚科で治療してもらうという選択肢ももちろんありますが、自宅で自分の力で治すことも不可能ではありません。

ベストなのは皮膚科で診察してもらって薬を処方もらい、自宅では自分自身の努力で「早く」「キレイに」治せるようにしていくことです。

自宅でどのような努力を行えばいいのかですが、主に以下のような項目になります。

睡眠不足の改善

睡眠不足は美容の大敵です。百害あって一理無しってやつですね。睡眠不足な生活を続けているとターンオーバー周期の乱れやホルモンバランスの乱れを招きます。

一般的に22時から2時の間に睡眠を取るのが良いと言われています。可能な限りこの時間帯に睡眠を取るように意識して生活するように心がけましょう。

運動不足の改善

運動は仕事やアルバイトをしていたりすると中々できないこともあると思いますけど、運動を適度に行う生活をすることで身体の新陳代謝を良好にし、肌のターンオーバーを促すことに繋がったりと身体に対するメリットがたくさんあります。

美容以外にも適度な運動って大事ですよね。

できれば2,3日に1回30分以上の運動を生活に取り入れることができると良いですね。毎日だと一度できないと継続できなくなりやすいので2,3日に1回ぐらいの頻度の方が続けやすいと思います。

激しい運動じゃなくても大丈夫なのでジョギングみたいな有酸素運動がオススメです。

食生活の改善

偏った栄養バランスの食生活を続けているとニキビ跡が治りにくいどころか、ニキビができやすくもなってしまいます。一人暮らしとかしているとついつい食事が手抜きになりやすかったりしますよね。そこをちょっと頑張って適切な栄養を摂るようにしていきましょう。

ビタミンやタンパク質はターンオーバーを促したり、健康な肌状態に近づいていったりと良いこと尽くしなので意識しておきましょう。

スキンケアの改善

nikibi-hihuka

現在あなたがどのようなスキンケアを行っているかによりますが、ニキビ跡を治したいときやニキビを何とかしたいときはニキビ対策・改善に特化したスキンケアを行うべきです。

石鹸や洗顔フォームのような洗顔料や化粧水に美容液などは、とにかく安いものを使うのではなく、ニキビやニキビ跡対策に優れたものを使ったほうが良いです。

ターンオーバーを促す有効成分が含まれているものや保湿や浸透力に優れたものがオススメです。そうすることでニキビ跡が治りやすくニキビ跡が出来にくい肌状態に近づけていくことができます。

継続する努力

ニキビやニキビ跡が出来ていたり、何度も繰り返していると今やっている予防・対策が意味無いのではと思いがちです。このページで紹介したような改善というのは1週間、1ヶ月で結果が出ないことは普通にあります。

2ヶ月、3ヶ月と長い目で見ていく必要があります。肌状態というのは少しずつ少しずつ変化していきます。すぐに結果を求めずに長期的に継続していく努力をしていきましょう。

そうすることであなたの肌はニキビやニキビ跡が出来にくかったり、出来ても治りやすい健康的な肌にどんどん近づいていきます。それがスキンケアやニキビケアの目標地点とするところです。

ニキビやニキビ跡を何度も繰り返したりしている人に限ってこういう自分自身で努力せず継続できない人が多かったりします。

あなたもその中に含まれないように注意してくださいね!

 

スキンケアを高いレベルでやっていきたいのであれば、ニキビ跡対策専用の化粧水がオススメです。ターンオーバーを促す成分が配合されていて、赤みを含んだニキビ跡を消すような効果も期待できます。


リプロスキン