melline

あごニキビに特化した化粧品であるメルラインですが、どのような成分が配合されているかをまとめました。使うかどうか検討している・どんな成分が入っているのか気になっているというあなたのお役に立てば嬉しいです。

スポンサードリンク

メルラインの全成分

有効成分

  • グリチルリチン酸2K(ニキビの炎症を鎮める抗炎症成分)
  • 水溶性プラセンタエキス(メラニン抑制による美白作用、保湿作用ターンオーバーの乱れを防ぐ)

その他成分

  • 3-0-エチルアスコルビン酸
  • ビサボロール
  • 米糠抽出物加水分解液A
  • 水溶性コラーゲン液-4
  • ヒメフウロエキス
  • ヒアルロン酸Na-2
  • アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム
  • 加水分解ヒアルロン酸
  • トレハロース
  • ステアロイルフィトスフィンゴシン
  • 濃グリセリン
  • トリメチルグリシン
  • エチルヘキサン酸セチル
  • ステアリン酸POE(20)ソルビタン
  • カルボキシビニルポリマー
  • 水酸化K
  • キサンタンガム
  • ジメチコン
  • 天然ビタミンE
  • BG
  • 1.2-ヘキサンジオール
  • フェノキシエタノール
  • 香料
  • 精製水

メルラインに含まれている注目の成分

メルラインはニキビケア化粧品なので抗炎症成分等の有効成分が配合されていますが、メルラインならではの注目としては徹底的な保湿成分が挙げられます。

上で挙げたその他の成分で赤字のもの全てが保湿成分になります。これは他の化粧品と比べてもかなり多いです。10種類の保湿成分が高濃度で配合されているため、ニキビ対策で必須とも言える保湿対策を補います。

保湿に徹底的にこだわることで肌の乾燥を防ぎ、それがニキビ予防につながっていくわけですね。肌が乾燥しやすい方や保湿が足りていないと感じる場合は非常にオススメできます。

また、ステロイド・合成香料・着色料・鉱物油・石油系界面活性剤・パラベンのような添加物は含まれていないため、乾燥肌や敏感肌の方でも安心して使えるように作られています。

 

デリケートなあご周りやフェイスラインのケア、目立つニキビ跡のケアを見直したい、なんとかしたいと考えているならメルラインの使用を検討してみることをオススメします。

公式サイトの方で利用者の口コミやメルラインの詳細について確認できるので、そちらもチェックしてみてくださいね。