isofurabon-awasengan

AKB48の指原莉乃さんのCMで見かける頻度が高くなってきた豆乳イソフラボン泡洗顔ですが、CMを見た印象だとモチモチ泡で洗顔できてとても気持ちよさそうな印象を受けますね♪

私はまだ使ったことが無いのですが、スーパーや薬局などで購入できたり、価格も比較的リーズナブルなのでコスパ的にも優秀そうに感じます。

豆乳スキンケア市場で1位とあるように既に販売数は伸びている製品になります。

この豆乳イソフラボンで洗顔することでスキンケアはもちろんニキビケアに役立ちそうかどうかという視点でご紹介していきます。

スポンサードリンク

豆乳イソフラボン泡洗顔のポイント

この洗顔料のポイントは大豆由来の成分をふんだんに利用していることが挙げられます。

  • 豆乳発酵液
  • ダイズ種子エキス
  • ダイズタンパク

この3つの成分が保湿力をしっかり補ってくれるように作られています。

保湿はスキンケアでもニキビケアでも基本中の基本ですね。

 

もう1点が使いやすいポンプ式の容器を採用したことが挙げられますね。

泡洗顔って泡立てネットを使って泡立てて…とちょっと手間がかかりますよね。このポンプ式だとシュッシュッと出すだけなので、とても簡単に済みます。

特に仕事前の朝のように時間に余裕が無いときでも時間をかけずに洗顔することができます。これは何気に大きいです。

朝の数分はとっても重要ですからね^^;

豆乳イソフラボン泡洗顔に含まれている成分

tounyu-image

やはり洗顔料としては「界面活性剤が含まれているのか」というのが大きなポイントになりますね。

豆乳イソフラボン泡洗顔に含まれている成分は以下になります。

  • グリセリン
  • ソルビトール
  • ミリスチン酸
  • エタノール
  • イソステアリン酸
  • 水酸化K
  • ラウリン酸
  • ココイルグリシンK
  • 豆乳発酵液
  • ダイズ種子エキス
  • ダイズタンパク
  • BG
  • ポリクオタニウム-51

この赤字になっている成分が界面活性剤です。

つまり少なからず界面活性剤が含まれているということです。これらが含まれているから肌に悪いと名言することはできませんが、含まれていることを知っておくに越したことはありません。

当然メーカー側も肌に悪いものを売るわけはないので、使ったから肌に悪影響があるというケースもほとんど無いでしょう。

豆乳イソフラボン泡洗顔はニキビケアとしても使えるのか?

この豆乳イソフラボン泡洗顔はニキビケアよりもスキンケアとしての洗顔料です。

そのためニキビケアを意識したような配合はされていません。ニキビケア用の洗顔料だと皮脂を落としたり、炎症を抑えたりする目的の成分が配合されています。

ですので、現状ニキビができている状態で使用してもニキビを治す・予防するような効果は期待できないかもしれません。

 

しいて言えば、ニキビ予防についてはダイズによる保湿効果があるため、最低限のニキビ予防には役立つことも考えられます。

今あなたの肌にニキビが無い状態であればスキンケアとして利用していくのは有りだと思います。

簡単プッシュで洗顔できる仕組み、お得な詰め替え用がある、価格が安いといったメリットは十分にありますからね。

なめらか本舗 泡洗顔(200ml)

 

本気でニキビケア・ニキビ予防をしていきたいのであれば、以下のようなニキビに特化した石鹸を使うのがやはり1番です。

目的によって最適な洗顔料を選ぶようにしていってくださいね。

薬用ニキビ専用洗顔石鹸ノンエー