顎や口周りのようなフェイスラインにできるニキビは痛いし目立つし中々治らないし困りものですよね。このような部位にできるニキビの大半は30代付近からでき始める大人ニキビです。

一度できると長引くことも多いニキビですし、繰り返しやすい嫌なニキビですね。しっかりと根本から治すためのニキビケアをやっていくようにしましょう!

スポンサードリンク

顎や口周りにニキビができる原因は?

顎や口周りにニキビができる原因は「ストレス」「ホルモンバランスの乱れ」「肌の乾燥」です。働いている女性や主婦の方ができやすいのはこのためです。

仕事や家事はストレスが嫌でも貯まるものですね。このようなストレスの影響でニキビができてしまうことはよくあります。今の時代、女性も一線級で働くことも多い社会です。仕事をしていれば様々なストレス要因が当然あり、中々ストレス発散もできないことが多いと思います。

これが続くとストレス要因の大人ニキビができやすい状態になっていくわけです。

 

ストレス以外にもこちらのあごニキビの原因について整理した記事でご紹介した「ホルモンバランスの乱れ」もよくある理由のひとつです。ホルモンバランスの乱れはあごや口周りに限らず、いたるところのニキビの原因になり得るものです。

 

最後に肌の乾燥によってニキビができやすい環境ができてしまうのも挙げられます。基本的に冬になると肌の乾燥に悩む女性が多いですが、これは年内通じて1年中悩み続けてしまうことも少なくありません。

顎ニキビをしっかり治すためのニキビケア

顎や口周りニキビをしっかり治すためにどうすれば良いか・・・ということですが、基本的には他のニキビと変わらないニキビケアがまずは必要です。

  • ストレス発散する方法を用意しておく
  • 保湿を意識したニキビケアを心がける

ホルモンバランスの乱れについては、回避できるものではないため、その分他のニキビケアに力を注ぎましょう。

とにかく保湿を!

20140414113458-101S

顎や口周りは非常に乾燥の影響を受けやすい部位であるため、乾燥しないように保湿ケアを適切に行うことが重要です。

まずは洗顔後は必ず保湿ケアを行いましょう。もちろん朝も夜もです。保湿の方法はお持ちの保湿クリームでも良いですし、顎ニキビ対策に特化した化粧品もオススメです。

⇒ 日本で一番売れている顎ニキビケア専用ジェル

 

お肌の保湿を徹底的にケアしてあげることで、顎や口周りのニキビはできにくくなってきますし、できても治りやすい肌状態になっていきます。保湿ケアをやったからといって、すぐにニキビが治るわけではありません。

ですが、先を考えれば絶対に長期的に続けていくべきです。しっかりとした対策を始める前と後では絶対に肌の状態は違ってきます。「今すぐ」ではなく、数カ月後安心して鏡を見れるような肌状態を目標にニキビケアを続けていきましょう。

間違っても水洗顔だけで済ますようなことはしないようにしてくださいね。

水洗顔ではお肌の保湿はカバーできませんので、ニキビが治るどころか悪化してしまうことも大いにあり得ますのでご注意ください。