赤ニキビとは白ニキビや黒ニキビが更に変化することで発生するニキビのことで、赤ニキビはニキビの中でも症状が大きいので非常に目立ちますね。

赤ニキビを治すためには適切な対応をするのはもちろんですが、赤ニキビに対してやってはいけないこともあったりします。症状を長引かせることにつながってしまうので確認しておいてくださいね。

スポンサードリンク

赤ニキビとは?

まず赤ニキビは白ニキビや黒ニキビと比べると炎症の度合いが非常に大きいのが特徴です。

見た目でも明らかにわかるレベルです。

 

参考までにこのような状態が赤ニキビと呼ばれています。

nikibi14

 

赤ニキビの炎症は毛穴の中のアクネ菌と皮膚の細胞が戦っている状態です。

細胞が戦っていると言ってもアクネ菌自体は肌には必要な菌であるため、悪いものではありません。

ニキビができたことで、毛穴がニキビの芯で塞がってしまうことで、アクネ菌が皮脂を餌に増加していきます。

 

赤ニキビに対してやってはいけないこと

基本的にニキビは指で潰したり、絞ったりするとニキビ跡になってしまう可能性が高いです。

ニキビ跡を作らないためにも極力刺激は避けるようにしてください。

 

また以下のようなことをやると、赤ニキビが更に悪化する恐れがあります

 

  • 手で触る

赤ニキビはとにかく目立つので、早くなんとかしたい!と思いますよね。

気持ちはよーくわかりますが、気になり過ぎてペタペタ触ったりすると手に付いている菌が患部に入り込んでしまい更にニキビが増えてしまう原因にもなってしまうため、とにかく限り触らないことが大切です。

 

  • 化粧で隠す

赤ニキビはとにかく目立つのでファンデーション等で赤ニキビが目立たないように隠したくなるかもしれませんが、毛穴が詰まってしまうためより一層症状が悪化する原因になってしまいやすいです。

化粧で隠すにしてもどうしても隠したいときだけに限定しましょう。

 

  • 髪で隠す

人の目に付かないように・・・と髪を赤ニキビの部分に被るようにして隠すようにすると髪が常にニキビを刺激してしまうため、これも悪化の原因につながります。

髪から細菌が患部に移ってしまうことも考えられます。

 

  • ゴシゴシと力を入れて強く洗顔

これは注意してくださいね。

「早くニキビ消えろー!!」と、ゴシゴシと力強く洗顔をしてしまうと、肌を傷つけたり皮脂を落とし過ぎて今度は乾燥してしまったりとデメリットばかりです。

洗顔は優しくが基本です。いくら強く擦ってもニキビは治りませんのでご注意を。

 

  • とにかく色々な洗顔を試す

あなたがニキビに困ってこのサイトを閲覧しているように、他のサイトでも情報収集をしていたのではないでしょうか?

どこのサイトでも「これを使えば治りました!」と、何かしらの商品を紹介されたかと思います。

そのようにして次から次へと色々試すのも肌にはよくないです。

はっきり言いますが、赤ニキビが酷いときは素直に皮膚科で診てもらうのが一番の解決策です。

 

ニキビを治すために知っておくべきこと

普段のニキビ対策やスキンケアであれば効果的な実感できる商品も色々ありますが、それらの商品はニキビ予防・対策の商品であって、「ニキビを治す」ものではありません。

石鹸のような洗顔料にしてもニキビを治すことはできません。あくまでお肌の状態を健康な状態に導くための洗顔料であって、薬ではありませんからね。

有名な洗顔料の大半は医薬部外品のもので効果・効能を保証しているものは無いため、インターネット上の誤った情報に惑わされないようにしてくださいね。

ニキビを治すために石鹸などの洗顔料をオススメしているサイトの情報は信用に値しませんよ。