鼻や鼻付近にできる鼻ニキビって目立つし、痛いし困りものですよね。鼻は皮脂の量が多いし、毛穴が深いためニキビができやすい箇所なんです。

鼻ニキビの原因をまとめたので、ニキビ対策の参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

鼻ニキビとは?

鼻は顔の中でも皮脂が溜まりやすい箇所のため、ニキビができやすい部位になります。しかも目立つのでついつい手で触ってしまう場所でもありますね。

一度気になり始めるともう止まりませんよね。。

 

鼻は顔のパーツの中でも紫外線の影響も受けやすいですし、ファンデーションのような化粧品の影響も受けやすいです。そういった要素によって肌のターンオーバーの乱れにつながり、角質が溜まりやすい状態にもなりやすいです。

鼻は毛穴が深いので皮脂が多く溜まってしまい、ニキビの原因であるアクネ菌がどんどん増えていきやすい環境なんですね。そのため、鼻には白ニキビや黒ニキビから赤ニキビなど、嫌なニキビができやすいわけです。

鼻に皮脂が分泌されやすい原因とは?

鼻自体は元々皮脂が分泌されやすい場所ですが、他の影響によってより一層分泌量が増えることがあります。主に10代の学生であれば成長ホルモン、大人であればホルモンバランスの乱れによって分泌量が変化していきます。

皮脂の分泌量の増加に伴い、頬やおでこ、顎などにニキビができることもありますが、鼻は特に分泌量の増加の影響を受けやすいです。鼻ニキビの原因のひとつであるホルモンについては、すぐに改善することが厳しいため、日頃から睡眠やストレス等を意識して生活することが大切になってきます

成長ホルモンによる皮脂の分泌は対策するのが難しいですが、ホルモンバランスの乱れにつながるストレス要因は日々の生活の工夫やストレス解消の手段を用意しておくなどすることで、対策することは十分に可能です。

 

ホルモンが関わる原因以外に鼻ニキビの原因として考えられるのは、不規則な生活を送っていたり、栄養バランスが偏っていたり、間違った洗顔方法を行っている等が挙げられます。

不規則な生活や栄養バランスの乱れというのは鼻ニキビに限らず、至るところのニキビの原因になりえます。生活習慣の改善はニキビ対策の第一歩なので、今あなたの生活習慣が乱れていると感じているのであれば改善の余地ありですよ。逆に生活習慣が乱れたままでは根本からのニキビ対策は不十分とも言えます

 

ニキビケアは小さなことの積み重ねが大切なので本気でニキビケアをやっていきたいのであれば、悪化して後悔する前にできる限りの対策を用意しておきましょう!

⇒ ニキビを治すために一番大切なこと|今日から始めるニキビケア オススメ!