ニキビ対策・予防というと、ついついスキンケアに目が向きがちですが、食生活を改善するだけでもニキビへの効果が表れることもあるんです。

どのような食べ物がニキビに効くのか、逆に食べ過ぎるとニキビへ悪影響を与える食べ物は何なのかを確認してみましょう。

スポンサードリンク

ニキビを治すのに効果的な食べ物

019
実はニキビに効果的な食べ物はたくさんあるんです。

それらをバランスよる摂取するようにメニューを考えてみてくださいね。

ビタミンA

  • にんじん
  • ホウレンソウ
  • カボチャ
  • しその葉
  • うなぎ
  • レバー

肌の毛穴の詰まりを改善し、お肌のターンオーバーを促す効果あり。さらに皮膚の潤いを保つという効果にも期待できます。

 

ビタミンB2

  • 乳製品
  • レバー
  • うなぎ
  • 藻類

お肌の角化を調整し、皮脂分泌を抑制します。肌の状態を正常に保つための効果が期待できます。

 

ビタミンB6

  • まぐろ
  • かつお
  • いわし
  • さば
  • さんま
  • 鶏ササミ
  • レバー

新陳代謝を活性化し、色素沈着にも効果が期待できます。新しい肌細胞の生成を促す成分です。

 

ビタミンC

  • 緑黄色野菜(ピーマン、小松菜)
  • 果実(レモン、イチゴ、キウイ)
  • 芋類

コラーゲンの生成を促進、メラニンの生成を抑制、抗酸化作用があるのでニキビ対策・予防に効果的です。

 

ビタミンE

  • レバー
  • うなぎ
  • かつお
  • ブリ
  • アボカド
  • アーモンド

非常に高い抗酸化作用があり、血液の循環を改善する。ニキビの原因のひとつである活性酵素の抑制効果もあります。ビタミンCと合わせて摂取すると相乗効果が期待できます。

 

ミネラル

カルシウム

  • チーズ
  • 牛乳
  • キャベツ
  • にんじん
  • イチゴ

マグネシウム

  • 穀物
  • 昆布

亜鉛

  • 牡蠣
  • チーズ
  • 抹茶
  • 豆類(ごま、納豆)
  • カシューナッツ

ホルモンバランスを整え、新陳代謝を活性化させます。お肌のターンオーバーの正常化を促進する効果が期待できます。

 

コラーゲン

  • 鶏皮
  • 鶏軟骨
  • 牛筋肉

アミノ酸として吸収され、新しい肌細胞を作るための材料となります。酸素や栄養素を細胞に届ける成分です。美容と言えばコラーゲンですね!

 

食物繊維

  • サツマイモ
  • ごぼう
  • キノコ類
  • 豆類
  • バナナ
  • モロヘイヤ

腸内を改善し、便秘や肥満の予防・改善、脂質代謝を調整してくれます。便秘にも効くので女性の味方ですね!

 

ニキビに悪影響!?食べ過ぎ注意の食べ物

いつも食べたり飲んだりしているものの中にはニキビに悪影響を与えるものも存在します。

食べてはいけないわけではありませんが、ニキビ予防を考えるのであれば食べる量を考えた方がいいのは間違いないですよね。

 

特に以下のものを食べるときはご注意ください。

  • 油っぽい食べ物
  • チョコレート
  • ジャンクフード
  • ピーナッツ
  • お菓子

これらの食べ物は皮脂分泌を活性化させてしまうため、直接的なニキビの原因になります。

食べた後に鼻の頭とかが油ギッシュになってることありますよね?

 

おいしいから止められない気持ちはよーくわかりますが、ここはグッと我慢しましょうね。

 

まとめ

勘違いしてはいけないのは、今回ご紹介した食べ物を重点的に食べるようにすれば、「ニキビがすぐに治る」ということではありません。

徐々にあなたの身体自体が改善され、ニキビの出来にくい、治りやすい身体になっていくわけです。

 

「重点的に」と言っても、そればっかり食べていると栄養バランスが偏ってしまうため

健康的には逆効果です。

あくまで、様々な成分をバランスよく摂取することが大切になります。