背中は気付きにくい部分ではあるのですが、ふとしたときに「いつの間にか背中にニキビが・・・」となりますね。

背中のニキビは基本的に常に服と接触しているため、治すのが大変なことが多い傾向があります。

背中ニキビは「かゆみ」を感じることも多くないため、一度できると苦労させられます。

スポンサードリンク

背中ニキビの原因とは?

背中のニキビは発見が遅れることが多いため、気付いた時にはニキビが悪化した後なんてこともよくあります。個人差はありますが、背中だけニキビが酷いというケースもありますね。

顔にできるよりはマシかもしれませんが、ドレスを着るような機会があると目立つので困りものですね。

 

背中にニキビができる原因は基本的には他の部位のニキビと同じです。顔と違うのは皮脂の影響でできるよりも、ホルモンバランスの乱れによるニキビの方が多いです。

ホルモンバランスの乱れは、

  • 不規則な生活
  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 食生活

による乱れが大半です。

これらの原因によりニキビが知らない内にできてしまい、睡眠時に背中が衣類と密着し続けることで細菌などの外的要因も相まってニキビが悪化していきます。

 

背中ニキビの予防法

上記原因で述べたような背中ニキビの原因になり得る項目は、普段の日常生活を改めることで予防することが可能ですよね。

 

  • 不規則な生活をしない
  • 睡眠をしっかりとる
  • 油分の多い食べ物を減らす
  • ストレスを解消する(友人と遊んだり、趣味を楽しんだりetc)

 

これらの予防策はニキビに限らず、健康に過ごすためにも有効なので一石二鳥ですね。

上記以外に入浴時のシャンプーやリンスをしっかりと洗い流すように意識したり、就寝時の衣類は清潔なものを着用するようにすることも予防になります。

完全に寝ているときはどうしようもないですが、寝るまでの体勢を横向きにしてみるのも試してみる価値はありますよ。背中が衣類と接触する機会を減らすことにつながりますので。

 

もしも背中ニキビがかゆみを発症しているときは、非常に気になるし落ち着かないですが、どれだけ痒くてもボリボリ掻いたりせずに我慢するようにしましょうね。

どうしてもかゆみが酷いときは素直に皮膚科で診てもらうのが一番です。

 

⇒ 簡単にできる背中ニキビ対策は・・・