「ん、なんか背中がかゆいな…」

 

と、感じて鏡で見てみるとポツポツとニキビらしきものが…。

この時点で背中のかゆみの「原因=背中ニキビ」とついつい決めつけてしまいがちです。

あなたも心当たりありませんか?

たしかに背中ニキビの影響でかゆみを感じることはありますが、必ずしも背中ニキビだけが原因というわけではないんです。

スポンサードリンク

背中のかゆみを引き起こす本当の原因

039-1

実は意外なことに背中がかゆくなる主な原因はニキビではなく、お肌の乾燥が原因の場合が大半なんです。

お肌が乾燥することで、角質層のバリアが弱まってしまい「かゆみ」が出てきてしまうわけです。

このようなお肌の状態のときに背中ニキビができてしまうと、他の症状(アトピー、湿疹等)を併発してしまい、かゆみはどんどん強くなっていってしまいます。

 

かゆければかゆいほど、ポリポリポリポリと背中を掻いてしまうこともあるかと思いますが、この行為によってお肌が傷つけてしまい、そこから細菌が傷口に入ってしまうと更に悪化してしまいます。

このような流れで背中のかゆみは中々解消することはできなくなってしまうことが多いんです。

あなたの衣類は大丈夫ですか?

037-1

背中は日常生活の中で洋服や下着と常に接触しています。あなたが身に付けている衣類の素材も少なからず「かゆみ」を誘発している原因のひとつなんです。

素材がポリエステルやアクリル生地で作られている衣類は汗の吸収力が弱いです。そのため、背中ニキビの原因と成りえるため、できれば避けた方が良いですね。他にもウール、レース、ニット系の素材も肌への刺激があるため背中ケアには向いていません。

 

理想的なのはオーガニックコットンや木綿のような素材ですが、常にこのような素材のものだけを着用するのは現実的に厳しいと思います。オシャレが何もできなくなっちゃいますよね^^;

なので、化学繊維で作られている衣類の割合を減らしたりパジャマを肌に優しい素材のものに変えたりするところから始めると取り入れやすいと思います。

下着のラインにニキビができやすい場合は、下着が原因のこともあるのでどんな素材なのかは把握しておいた方が良いですね。

背中ニキビを治すために絶対に必要なこと

senaka-nikibi05

背中ニキビを治して、かゆみから解放されるためには背中ケアをしっかり行う以外に方法はありません。

仮に皮膚科等で診てもらって処方された薬や軟膏で改善することができたとしても、根本の原因を取り除かないとすぐに再発してしまいます。

背中がかゆくても絶対に掻かない

これがとても辛いと思います。

ですが、どんなにかゆくても掻くのは止めましょう

ポリポリ掻いてしまうと冒頭でも書いたように背中のかゆみはどんどん悪化してしまいます。まずはこれを止めないと治ることはまずありませんので。。

入浴時はシャンプーやリンス等をしっかりと洗い流す

髪を洗ったときにシャンプーやリンスはしっかりと洗い流してください。

適当にパパッと済ませてしまうと汚れを落とし切れずに背中に残ってしまいます。特に髪の長い方は気を付けた方が良いですね。

入浴時には保湿効果や抗炎症作用のある入浴剤を使うのも効果的です。

こういう入浴剤のことです ⇒ 保湿入浴液 ウルモア クリーミーローズの香り

 

背中の保湿をしっかりと行う

背中ケアに保湿は絶対に外せません。

保湿をしっかりと行うことで、乾燥から背中を守ることができます。実施するのは入浴後が丁度良いタイミングだと思います。お肌への刺激が少ない乳液やクリームなどの化粧品を使うようにしましょう。

背中ニキビに完全に特化した以下の様な背中ケアに特化した商品もあるんですが、ちょっと高いのでお財布と相談して検討してみても良いかと思います。高いだけあって保湿効果や実感力は素晴らしいものです

⇒ 健やかな背中を手に入れる背中ニキビ専用薬用ジェル

 

このようにかゆくて堪らない背中ニキビを改善する方法は色々存在します。背中ニキビの原因を根本からなんとかするには、総合的に対策していくのが一番ですね。

 

背中ケアのためにこちらの記事も役に立ちます。

⇒ 背中ニキビがあるときの理想的な洗い方は?