white-nikibi

ある日鏡を見てみると、顔などにポツポツとできている白ニキビ・・・。

なんでそこに!という部位にできることも多いですね。この白ニキビに悩まされている女性は非常に多いでしょう。

そもそも白ニキビとはどういうものなのか?まずは白ニキビの原因を知っておきましょう。

スポンサードリンク

白ニキビってどんなもの?

白ニキビとは、毛穴の中に皮脂が詰まってしまうことでできてしまうニキビのことで、ぷっくりと膨らんでしまうのが特徴です。あなたもこんな白ニキビを絞って「ピュッ」と膿を出したことありませんか?大きさは小さいものや大きいものもありますが、大体3mm前後の大きさになりやすいです。

白ニキビは赤ニキビほどの炎症は起こさない、ニキビの初期状態と言われています。

白ニキビの原因って何?

白ニキビは皮脂で毛穴が塞がってしまうことで、詰まってしまっている状態のことを指します。
毛穴を塞ぐ原因として挙げられるのが、

  • 角質
  • シャンプーやリンス
  • ファンデーション
  • 塵やホコリ
  • 皮脂の過剰分泌

などが考えられます。

 

角質はよく言われる話なのでご存じかもしれませんが、シャンプーやリンスにファンデーション等は意識していないことが多いのではないでしょうか。シャンプーやリンスを流し切れなかったり、ファンデーションを落とし切れないとそれが白ニキビにつながることもあるということです。

皮脂の過剰分泌は日常の生活習慣や栄養の偏り、ホルモンバランスの乱れ、肌の乾燥などが大きく関わります。他にも女性の場合は月経前に皮脂の分泌が高まると言われています。

白ニキビが悪化すると・・・?

白ニキビはついつい自分で押したり絞ったりして潰してしまうこともあります。

それで治った風に感じることもあるかも知れませんが、同じところに再びできたという経験をしたことがないでしょうか?

白ニキビの段階でうまく潰せばそれで白ニキビが治ることもあるのですが、自分で白ニキビを取り除ききることは案外難しいため、毛穴の中に皮脂が残ってしまう場合が多いです。そのため、すぐに白ニキビが再発してしまうわけです。白ニキビを潰すことを検討している場合は、以下の記事も読んでおいてくださいね。

白ニキビは自分で潰す手も大丈夫?白ニキビををきれいに潰す方法

 

白ニキビは下手に触りすぎると赤ニキビ、黄ニキビ、黒ニキビと悪化してしまったり、ニキビ跡のクレーターになって残ってしまうこともあります。皮膚科で診てもらったり、適切なニキビケアを行うように心がけることが大切です。潰すときに手に付いているばい菌が肌に入ってしまって更に悪化してしまうことだってあります。

白ニキビを潰してもしっかり治ることは中々無いと覚えておきましょう。