decolltee

鎖骨辺りから胸にかけて出来てしまうニキビのことをデコルテニキビ・胸ニキビ等と呼んでいます。

「ニキビ」と言うと顔にできるニキビを連想しがちですが、ニキビは背中にもお尻にも胸付近にもできるわけです。そして、胸ニキビに悩んでいる女性って実はかなり多いんですよね。

そういった胸ニキビを治すために必要なニキビケアについてご紹介します。

スポンサードリンク

胸ニキビを治すためのニキビケア

decolltee

デコルテ(胸付近)にできるニキビの原因は顔と同じように様々な要因が考えられます。

胸ニキビができてしまう原因とは?恥ずかしくて肌が出せない。。。

 

夏になれば冬場とは違い、キャミやワンピのような肌を出す服も着たいですし、海に行けば水着になって海に入りたいですよね。結婚式に出席するときにドレスも着ますよね。このようなときに意外と目立つ部位が「デコルテ」なんですね。

男性から見ればデコルテ付近は目線がいきやすい部位でしょうし、ニキビがポツポツとある状態をできる限り見せたくないですね。実際に胸元にニキビが出来ていて恥ずかしくて露出のある服は着たくない!と思っている女性は世の中にたくさんいますからね…。

理想的なケア方法をご紹介しますので参考にしてみてくださいね。

入浴時のニキビケア

nyuyoku_01

入浴時のニキビケアは非常に重要です。基本的にお風呂は毎日入るものですし、ここで可能な限り対策をしておきたいところです。

シャンプー・トリートメント等の洗い残し

シャンプーやトリートメントの洗い残しは胸ニキビの原因の代表格です。ニキビ以外にも肌トラブルの原因にもなるので、洗い残しがないようにしっかりシャワーで洗い流しましょう。

簡単なポイントとしては洗う順番を「髪」⇒「身体」にするだけでもかなり洗い残しの可能性を減らすことができます。ここの順番が逆だと身体をキレイに洗った後にシャンプーやトリートメントの洗い流しが身体に流れてきてしまいます。もしも普段シャワーのみで済ませている場合は要注意です。

タオルやスポンジで肌に刺激を与えている

デコルテは皮膚が薄く、刺激に弱い部位です。

ニキビがあるからといってタオルやスポンジでゴシゴシと力いっぱい擦ったりしてしまうと、目に見えないレベルで皮膚が傷付いてしまいます。洗ったときに肌が赤くなったりしているようでしたら完全にやり過ぎです。

基本的に身体を洗うときは力を入れる必要はありません。優しく洗っても十分汚れは落とすことができますよ。

 

デコルテに限った話ではないですが、肌に優しい素材のスポンジ等で優しく洗うのがオススメです。

日常生活でのニキビケア

入浴時以外の日常生活の中でもニキビケアは可能です。

やるのとやらないのとでは全然違うので、胸ニキビを本気で治したいのであれば意識しておいた方が絶対に良いですよ。

髪型

髪型は人それぞれですが、普段髪を下ろしている場合は注意が必要です。毛先がデコルテに触れてしまっている場合は、髪をアップにまとめておく等すると効果的です。

髪の毛はばい菌や細菌、皮脂が日常生活の中でたくさん付着しています。そんな髪の毛がデコルテに触れていれば肌への刺激にもなってしまいますし、菌が胸元に移ってしまうことも考えられます。

オシャレも大事ですが、ニキビケアを優先したいうちは我慢です。

就寝時の服装

寝るときの服装ですが、パジャマやスウェット等の決まったものがあると思います。これを何着か用意しておくと良いです。

就寝時に汗をかいたりするため、思いの外パジャマは汚れているものです。同じものを長期間着ていると肌への影響が良くないことはすぐにわかりますね。

理想的なのは前述したように何着か用意しておいて、ローテーション制にするのが良いと思います。私の場合は3着を着回しながら毎日洗濯しています。毎日寝るときは同じパジャマという時点で肌の清潔感は保てていない状態ですのでご注意くださいね。

無意識のうちにデコルテを触ってしまう

胸ニキビができている状態だと気になって気になって仕方なかったり、痒くて堪らないこともあるかと思います。ですが、手でペタペタ触るのは絶対にNGです。

手は日常の中で色々なものを触っているので、細菌やばい菌がたくさん付着しているため汚れています。髪を触ったあとなんかは特に注意です。なんとなく髪を触っちゃうことってありますから。

 

気になればなるほど、無意識のうちに触ってしまいがちですが、「絶対に触らないぞ!」という意識をもっておくようにしましょう。何日間か意識して我慢できれば、自然と触らなくなります。

あとは可能な限り手を清潔に保つ工夫をしておきましょう。マメに手を洗うレベルでも大丈夫です。