oshiri-mizugi

夏になると海やバーベキュー、行楽地など、外で楽しめるイベントがたくさんありますね!

それに合わせて気にしておかなければいけないのが紫外線対策です。

紫外線ってお肌に良いことは何もありません。

ニキビがあろうと無かろうと紫外線対策はしっかりとやっておくべきです。

スポンサードリンク

紫外線が肌に与える影響

shigaisen

紫外線を肌にモロに浴びていると、「なんとか肌を守らないと!」と身体の中で活動が起きます。

その影響によってお肌の角質化が進んでしまいニキビの原因を作っていってしまいます。

それに合わせて紫外線は人間の身体の水分を蒸発させていきます。

長時間この状態が続いてしまうと、お肌を守るバリア機能が低下していき、バリア効果が失われていってしまうんです。

 

なので、紫外線対策(UVケア)をしっかりとやるようにしておきましょうね!

 

日焼け止めによる紫外線対策

hiyakedome

紫外線対策として一般的なのが日傘だったり肌を露出しないことが基本とし、露出したいときは日焼け止めですね。

海に行けば水着になって泳ぎたいですし、暑い日に長袖の洋服は嫌ですよね。

暑い日は開放的なファッションもしたいですからね^^

 

そこで活躍するのが日焼け止めなのですが、日焼け止めなら何でも良いわけではないです。

日焼け止めにも色々あるので、成分等を確認しながら選ぶようにしましょう。

日焼け止めの選び方

日焼け止めとして使うべきものはまず、オイルフリー(オイルカット)のものです。

日焼け止めにはオイル、つまり油分が含まれているものがけっこうあります。

この油分が酸化してしまう影響によってニキビの原因を作ってしまう可能性が考えられます。

なので、まずはオイルフリーの日焼け止めを選ぶようにしましょう。

 

次に見ておきたいのが「紫外線吸収剤」という成分が含まれていないことです。

この成分はお肌への刺激が強めなのでニキビができているお肌や敏感肌には向いていません。

単純に成分欄をチェックして含まれていないものを選んでおけば大丈夫です。

 

最後に見ておく成分が「香料・着色料」です。

香料や着色料は紫外線対策に関係の無い成分です。こういった余計な成分が入っていないものを選んだ方がお肌へ与える影響を可能な限り軽減することができます。

日焼け止めは「無香料・無着色」のものにしましょう。

 

最適な日焼け止めの選び方をまとめると、

オイルフリー(オイルカット)

紫外線吸収剤が含まれていない

無香料・無着色

の日焼け止めを選ぶようにすれば、お肌への影響が少ない形で紫外線対策をすることができます。

オススメはオルビスから発売されている日焼け止めです。オルビスの日焼け止めの中ではトップクラスのものです。

⇒ オルビスUVカットサンスクリーンスーパー

価格もお手頃ですし、口コミでの満足度や使い勝手から言ってもこれを選んでおけば間違いないです。

間違ってもこんがりと小麦色の肌にするためのオイルなんて塗らないでくださいね!

 

日焼け止めの基本的な塗り方・使い方

日焼け止めの塗り方ですが、ただ適当に塗っておけばいいわけではありません。

基本的に日焼け止めは必ず重ね塗りをしてください

その方がよりしっかりと紫外線からお肌を守ることができます。

 

ちなみにしっかりと守りたいという一心で厚塗りはしなくても大丈夫です。

薄く薄ーく延ばすように塗っていきましょう。

 

夏は色んなイベントで思いっきり楽しんでくださいね!

それがストレス発散にもつながりますので、精神的なニキビケアにもなりますよ♪