あなたは入浴中に身体を洗うときにボディソープを使っていますか?それとも石鹸を使っていますか?

ボディソープは便利な詰め替え用パックとかが売っていたり、金額が安価でコスパ的にも優れているのでボディソープを使っている方は非常に多いですね。

では、ボディソープと石鹸ではどちらがニキビケアに向いているのか意識したことはあるでしょうか?

ボディソープと石鹸の違いを知っておきましょう。

スポンサードリンク

ボディソープと石鹸の違いとは?

ボディソープと石鹸の違いは「合成界面活性剤」という化学成分が含まれているかが、まずは関係してきます。

ボディソープの大半はこの合成界面活性剤という成分が含まれており、この成分がお肌のバリアを壊してしまうため、お肌の負担が大きくなってしまいます。(石鹸にも含まれていることがあります)

 

「洗い上がりがしっとり…」

「心地よい香りが続く…」

 

みたいなキャッチコピーがよくボディソープのCMで謳われていますが、実際はお肌への負担があるわけです。

 

 

また、固形石鹸の場合は「石鹸素地」という成分が含まれています。

これはメーカーによって「カリウム含有石けん用素地」や「パーム脂肪酸Na」など色々な表現がされています。

石鹸素地が含まれていない石鹸は「固形のボディソープ」と一緒なので、成分欄は確認するようにしておきましょう。

 

合成界面活性剤については、こちらの記事でも詳しく解説しています。

洗顔石鹸と洗顔フォームの違いって何?本当にスキンケアに適している洗顔料は?

 

ニキビケアに向いているのはボディソープ?石鹸?

044-1

ここまで読まれていれば想像つくと思いますが、ニキビケアという観点で見ればボディソープは向いていません。

お肌に負担の少ない石鹸の方がニキビケアには向いています。

 

石鹸といっても何でも良いわけではなく、

  • 石鹸素地が含まれている
  • 合成界面活性剤が含まれていない
  • お肌に優しい天然成分が含まれている

 

が望ましいです。

このような石鹸はお肌に与える負担が少なく、適度に汚れを落とし、お肌の状態を良好に保つ効果があります。

これらはニキビケアを行う上で、絶対に外せない要素です。

 

ニキビケアといっても、実際は石鹸がニキビを治すのではなく、お肌を健康な状態に保ち、汚れを適度に落とすことが石鹸の役割です。

※「この石鹸でニキビが治りました!」という情報を見たことがあるかもしれませんが、あれは嘘なのでご注意ください。ニキビが治ったのはたまたまです。この手の石鹸に「ニキビを治す」効果はありません。

 

あなたのお肌に最適な石鹸を使っていくことで、ニキビができにくい肌に近づいていき、ニキビができても治りやすい肌状態になっていくわけです。

あなたもお肌に最適なニキビケアを行って、理想的な肌状態を目指していきましょう!