あなたは皮膚科のニキビ治療でも行われている【ピーリング】って知っていますか?

ニキビ対策としてどれぐらい役に立つ方法なのか気になるところですよね。

ここでは一般的なピーリングについてご紹介します。

自宅で自分でできるピーリング方法も合わせてチェックしておきましょう。

スポンサードリンク

皮膚科で受けられるピーリングとは?

皮膚科で受けることができるピーリングは、ケミカルピーリングと呼ばれています。

その方法が簡単に言うと、

 

皮膚に薬品(酸)を塗り、強制的に古い角質を溶かすことで

肌のターンオーバーを促す

 

という方法です。

肌に酸を塗るとか、とても不安な感じがしますが、欧米でも美容目的で使用されている方法なんです。

 

 

ケミカルピーリングで期待される効果としては、

  • ニキビ
  • 小じわ
  • 小さなシミ(色素沈着)

と言われています。

残念ながらニキビ跡に効果は無いようです。

 

このピーリング治療ですが、基本的に1回では終わりません。

平均すると5~10回程度の治療が必要になってきます。

 

ケミカルピーリングの料金は?

医療機関でのピーリング治療ですが、治療する箇所によって料金が変動するのですが大体1回につき1万~2万円程度かかります。

ちなみにピーリングは保険適用外です。

 

さすがにちょっとお高いですよね。。

回数を考えると10万円は用意しておかないとです・・。

 

ピーリングの注意点とは?

ピーリング治療を受けるにあたり、注意点がいくつかあります。

治療後は肌が不安定な状態になっています。

角質は薄くなり、赤み、ヒリヒリ感、乾燥などの症状が出ることもあります。

(通常は時間の経過で落ち着きます)

 

  • 保湿を意識したスキンケア
  • 紫外線対策

 

が非常に大切です。

治療後は角質が薄いため、紫外線の影響を受けやすいです。

そのため、シミになることもあるのでご注意してください。

 

また、ピーリングは妊娠中ですと、一般的には受けることができません。

妊娠中はニキビのことよりも産まれてくる子どものことを考えましょう。