「もうすぐ結婚式なのにニキビが…」

 

「学校でアルバムの写真撮影があるのにニキビが…」

 

どちらも写真などの形にずーっと残ってしまうので、ポツっとニキビがある状態では写真に写りたくないですよね。

なので一時凌ぎだとしても目立たない状態にする方法って知っておいて損はないです。いざというときのためにどんな方法で隠すことができるのかチェックしておきましょう。

スポンサードリンク

ニキビを簡単に目立たなく隠す方法

まず始めにここでご紹介する方法はあくまで一時凌ぎだということを覚えておいてください。

隠すということは、毛穴を塞いでしまうため、ニキビができやすい状態になっています。隠すつもりが悪化してしまい更に酷い状態になってしまうこともあります。

そのためにも普段のニキビケアをしっかりやっていって、隠す必要のないお肌を目指しましょう。

ニキビを隠すのに使える化粧品

ニキビを隠すならやはりお化粧で隠すのが簡単です。特に使えるのがリキッドファンデーションですね。

Foundation

ニキビのある部分に叩き込んでいくような感じで馴染ませながら塗っていくのがポイントです。薄く重ね塗りしていくと、かなり目立たなくすることができます。

一発で厚塗りしてしまうと化粧崩れしやすいので、あえて薄く薄く重ねていきましょう。

 

隠すためだけじゃなくて、普段使いでも活用できるファンデが役に立つと思います。

⇒ 天然由来のリペアファンデーションオススメ!

これはプロのトップメイクアーティストの方にも絶賛されている信頼性も高いファンデです。お肌に優しい天然由来成分100%で作られていて普段使いにもピッタリです。値段も購入しやすい金額なのでひとつ持っておくと良いファンデだと思います。

 

他にはコンシーラーを使って隠す方法も使っている人が多い方法のひとつです。コンシーラーはリキッドタイプのものが隠すのには使いやすいです。

concealer

コンシーラーはファンデーションで隠し切れなかった部分の補助にも使えるので、リキッドタイプのものをひとつ持っておくと役立ちます。

 

このような方法でニキビを隠すことは可能ですが、お肌の刺激や毛穴の詰まりへの影響は高まってしまうので、常に使うのではなく応急処置的に隠したいときの最後の手段として使った方がお肌には良いですね。

とはいえ、何もお化粧をしない状態では紫外線のダメージをモロに受けてしまうので、ニキビがシミになってしまうこともあります。

 

「だけどニキビの上にお化粧をするのは、余計に悪化するんじゃ…」

 

と思うかもしれませんが、ニキビが気になるということでお化粧をしていないと、それが逆にストレスになってしまい、ニキビの状態を悪化させたり、増やしてしまう原因にもなってしまいます。

なので普段よりも薄めでもいいから、お化粧はしておいた方がいいですね。用事が済んだらお化粧は早めに落としてしまって、お肌のケアをしっかり行いましょう。

 

ニキビ隠しの最終手段、普段使いでも活用できる天然由来成分100%のファンデーション

リペアファンデーション