テレビでも紹介された勢いもあり、いたるところで「ニキビには水洗顔!」「朝は水洗顔でOK!」という情報がよく目に付きます。

実際のところ、水洗顔の効果ってどうなんでしょう?

私なりの見解をご紹介します。

スポンサードリンク

水洗顔の効果

水洗顔を推奨している情報を見ると、

 

「1日2回も洗顔料で洗顔すると洗い過ぎ」

「お肌に必要な成分まで洗顔で落としてしまう」

 

のような理由が多く見られます。

大体この手の紹介をしている方は「自分は水洗顔でニキビが治った」ということで紹介しているんだと思うんですが、肌の状態は必ずしも皆が一緒ではないですよね。

盲目的に水洗顔を信用し過ぎるのは危険なことだと認識しておきましょう。

水洗顔で肌状態が悪化する人

水洗顔でニキビが改善された!という人もいれば、実際に水洗顔を続けていって、どんどんとニキビが悪化してしまった人も数多くいます。

一部ですが、ニキビが悪化してしまった方の症状をご紹介します。

  • 炎症が強くなった
  • 痒みが強くなった
  • 白ニキビが大量に増えた
  • 小さな毛穴が黒ニキビになってしまった
  • 肌荒れのレベルが一段と酷くなった

 

そもそも水洗顔では、肌の僅かな汚れしか洗い流せません

古くなった角質や毛穴に詰まっている皮脂は落とせません。これでは寝ている間に分泌された皮脂が夜まで残ってしまいます。なので、水洗顔は誰にでも有効な万能な手段ではないということです。

 

水洗顔 悪化」で検索してみると、見るのが心苦しくなる写真が大量に出てきます。

※かなり酷い症状のものもあるので、閲覧にはご注意ください。

 

特に以下に当てはまる人は、水洗顔が向いていない可能性が高いのでご注意ください。

  • 脂性肌の人(オイリー肌)
  • 思春期ニキビがある10代の人
  • 生理前の人

まず朝に顔を触ってみてください。上記に当てはまっている方は、就寝中の皮脂分泌が活発な肌状態になっている可能性が非常に高いです。

顔を触ってみて、肌がベタついているように感じるのであれば、しっかりと洗顔すべきですよ。

なのに洗顔が水洗顔では、治るものも治りませんし、むしろニキビが悪化してしまうことだってあるわけです。

 

寝る前にクリーム等を塗っている場合も同じです。この状態で朝の洗顔が水洗顔では、酸化してしまったクリーム等を落とせません。

これが肌に良いのか悪いのかはわかりますよね?

水洗顔はどちらかというと乾燥肌の方が向いている洗顔方法かなと思っています。

水洗顔は絶対にダメというわけではない

以上の内容だけですと、水洗顔は絶対にダメだという風に見えるかもしれませんが、必ずしもそういうわけではありません。私も水洗顔を真っ向から否定するつもりはありません。

実際、中には水洗顔を行うことで、ニキビが治ることもあるでしょう。

嘘かホントか不明ですが、「水洗顔でニキビが治った!」という方もいることですし。

 

勘違いしないでほしいのが、「水洗顔がニキビを治す」わけではありません。

例えば、朝だけ水洗顔で最低限の汚れだけ落として、人間の持っている自己修復の力がニキビ治してくれたということです

とりあえず試してみて、怪しいと感じたら水洗顔を止めれば良いのです。

試してみて感触が良さそうであれば続けてみても良いと思います。

 

水洗顔にもリスクがあるということを認識しておいてください。

結局のところは自分のお肌は自己責任になってしまいますからね。

「ニキビには水洗顔!!」と信用し過ぎないように注意してくださいね。