多くの人を悩ますニキビですが、思春期に特にできやすい印象ですが、大人でもニキビはできますよね。「青春のシンボル」なんて呼ばれることもありますが、冗談じゃないですよね。

ニキビの対策をしっかりするためには、まずはニキビのことを知ることが大切です。

スポンサードリンク

ニキビとは?

そもそもニキビとは、実は「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」という皮膚の病気なんです。

 

「どうせニキビだからそのうち消えるでしょ」

 

と放っておくと残念なニキビ痕が残ってしまうなんてこともありますので適切なスキンケアや対策が重要になります。

ニキビ痕が肌に残ってしまい、後になって

 

「あのときちゃんと対応しておけば・・・」

 

と、後悔しないためにもニキビについて知っておくことが大切です。

 

ニキビの原因とは?

まずはニキビができる原因を知っておきましょう。原因を知ることで今必要な対策も見えてきます。

 

毛穴の詰まりが全ての始まり?

思春期にできやすいニキビでも大人になってからできるニキビでも、ニキビができる【そもそもの原因】は毛穴の詰まりが事の発端です。

 

毛穴が詰まるということは、毛穴自体が何らかの理由によって詰まってしまうわけですね。では毛穴はどうして詰まるのかというと、原因の多くが「皮脂分泌」によるものです。

まずはあなたも心当たりが無いか確認してみてくださいね。

 

皮脂分泌が活発になる原因は?

毛穴の詰まりの原因のひとつとして、皮脂分泌の影響が考えられます。皮脂の分泌はニキビのできやすい【顔】【胸元】【背中】などが特に活発になりやすい傾向があります。

あなたもこれらの位置にニキビができたことってありますよね?

 

ホルモンの肌への影響度

ホルモンはあなたの身体に大きな影響を与えます。

成長期の思春期であれば「成長ホルモン」が特に分泌されやすくなります。学生時代にニキビができやすいのはこのためです。

 

ホルモンは他にも「男性ホルモン」や「女性ホルモン」というものがあります。あなたも聞いたことがあるのではないでしょうか。これらのホルモンは男性でも「女性ホルモン」は少なからず分泌されていますし、逆に女性でも「男性ホルモン」は分泌されています。

 

この男性ホルモンは皮脂の分泌を活性化させ、皮膚を硬くしようとする「角化」の効果もあります。大人の女性を悩ますニキビの原因は、男性ホルモンによる皮脂分泌の活性化が影響していることが多いと言われています。

 

ストレスが与える影響度

ストレスはあなたの身体に様々な変化や影響をもたらします。

大人であれば会社関係のストレスは特に大きいでしょう。

  • 緊張
  • 疲労
  • 睡眠不足
  • 人間関係
  • 仕事

様々なストレスにより、ホルモンバランスが乱れたり、たくさん分泌されたりという影響を与えます。ストレスは簡単に解消できるものであればいいのですが、尾を引くような原因であれば中々解決させるのは難しいと言われています。

特に会社や学校関係でのストレスは長引く傾向がありますね。

 

そうなってしまうと、毎日毎日ストレスまみれになってしまい、ストレスのスパイラルに巻き込まれてしまいます。

そうならないように日常から自分なりのストレス発散方法を見つけておくことも重要です。