ニキビはお肌のタイプによってできやすかったり、できにくかったりします。

あなた自身の肌タイプを知っておきましょう。

肌タイプによってスキンケアの方法も変わってきますので。

スポンサードリンク

肌タイプの種類

肌タイプは大きく分けて4つに分類されます。

どれも聞いたことのある名前だと思います。
まずはどんな肌タイプがあるのか見てみましょう。
 

普通肌

お肌のバランスが良い状態で保たれている状態。

細かく分けると乾燥肌寄りの普通肌だったり、脂性肌寄りの普通肌というのもあります。キメが細かく、脂っぽくなく適度な潤いと柔らかそうなプルプル肌がこのタイプです。

みんなが目標とするお肌がこれですね♪このタイプのお肌の状態はバランスが良いため、肌トラブルは起きにくいです。

当然ニキビもできにくい状態で、仮に出来たとしても治りやすいお肌の状態と言えるでしょう。

感想肌

お肌のキメはこまかいのですが、水分も皮脂量が少なくお肌がカサカサしたような状態です。この状態のお肌はツヤや潤いも無く、乾燥しています。

特に白ニキビができやすいお肌が乾燥肌と言われています。強過ぎる洗顔はお肌に必要な油分も取り除いてしまうので、注意が必要です。

脂性肌

オイリー肌とも言われているのが脂性肌です。毛穴が開いている状態で、お肌の皮脂量が多く水分も多いタイプです。
赤ニキビや黒ニキビが出来やすい傾向があると言われています。お肌のキメも荒く、顔全体が脂っぽくテカりやすいお肌です。

ニキビが出来やすいお肌なので、洗顔を始めとしたニキビケアをしっかり行う必要があります。

混合肌

乾燥肌と脂性肌が共存している肌タイプです。

お肌の皮脂量が多いのに水分が少なく、お肌がかさついている状態です。特にTゾーンが脂っぽく、他の部分が乾燥している傾向があります。

脂っぽい部分と乾燥している部分があるため、洗顔し過ぎることが多いので適度な洗顔を心掛ける必要があります。

 

肌タイプの簡単な調べ方

どうでしょう?

肌タイプの内容を見るだけでもあなたのお肌がどのタイプか判ったかもしれませんね。

肌タイプを調べる簡単な方法としては、

  • お肌の皮脂量(多い・少ない)
  • お肌のキメ(細かい・荒い)
  • お肌の乾燥状態(カサカサ・一部カサカサ・無し)
  • お肌の潤いやツヤが(ある・無い)

 

で簡単な診断ができます。

上記項目の結果を以下に照らし合わせれば肌タイプが判ります。

 

少ない・細かい・無し・ある

普通肌

 

少ない・細かい・カサカサ・無い

乾燥肌

 

多い・荒い・無し・ある

脂性肌

 

多い・荒い・一部カサカサ・無い

混合肌

 

あなたのお肌がどのタイプか判りましたでしょうか?

お肌タイプが判ればどのようなスキンケア・ニキビケアをするのがいいのかも調べやすくなります。

 

理想的な普通肌を目指して頑張りましょう♪