oshiri-care

ニキビは顔ができるイメージが強いですが、顔以外にも背中やお尻、胸などの身体の様々なところにできてしまうものです。

胸ならまだ鏡を見ればすぐに気付けますが、背中やお尻にできるニキビは特に気付きにくいですよね。痒かったり痛かったりすることで気付くことが大半でしょう。

お尻ニキビはどんなものなのか、お尻ニキビの原因は何なのかをチェックしておきましょう。

スポンサードリンク

お尻ニキビの原因とは?

実はお尻は皮脂の分泌が多い部位になります。学校でも会社でも椅子に座ることが必ずありますよね。

人間が座っているときというのは全身の重さの全てを腰・お尻で支えることになります。

そのためお尻の肌への負担が強くなってしまい、お尻の肌が角質化していってしまいます。角質化することによって毛穴を塞いでしまい、ニキビの原因と言われているアクネ菌が繁殖しやすい環境が整ってしまうわけです。

 

お尻自体はムレ・圧迫・刺激・摩擦などの様々なダメージを常に受け続ける部位です。しかも常に清潔にしておくのが難しい場所でもありますよね。お尻にニキビができやすいのはこういった原因によることになります。

 

ニキビと間違えやすい粉瘤(ふんりゅう)とは?

あなたは粉瘤(ふんりゅう)という名称を聞いたことがあるでしょうか?

粉瘤とはニキビと似た姿をするため、粉瘤とは気付きにくく、ニキビと勘違いしやすいです。

実際はニキビとは似て非なるもので、良性ですが腫瘍の一種です。

 

粉瘤は身体の垢や脂分が溜まることで大きく腫れあがっていきます。

強めの炎症も引き起こすため、痛みもニキビと比べると非常に強いです。

 

このような「腫れもの」が何度も同じ場所にできる場合は粉瘤の疑いが強いです。何度も何度も同じ場所にできる傾向があるので、ニキビと見分けるには「できた場所」を把握しておくことが大切です。

粉瘤は市販の塗り薬やクリーム等で治療することは困難であるため、「これって粉瘤なんじゃ…」と思ったら素直に病院で診てもらうようにしましょう。

 

お尻にできた粉瘤について病院に行く際に皮膚科なのか肛門科なのか判断がつかないときは、総合病院で相談して判断してもらうのが間違いありません。

 

実際に粉瘤ができたことがある人の体験談をまとめると、

  • 肛門付近にできたら肛門科
  • お尻の肛門から離れた部分にできたら皮膚科
  • よくわからなかったら総合病院

のように診療科を選んでいるようですね。

もしも病院に行くときは参考にしてみてください。