お尻は身体の中でもニキビができやすい条件が揃っている部位になります。ちょっと意外ですよね。

お尻は普段の日常生活の中で衣類による摩擦やムレ、座ることによる圧迫などによってお肌に刺激を受けやすいんですね。

その影響でお肌の角質が厚くなってしまうことがあります。お尻自体は皮脂分泌も多く、毛穴も詰まりやすいです。

 

毛穴が詰まればニキビの原因となるアクネ菌が繁殖しやすくなってしまいます。

そうならないためにもお尻ニキビの予防対策をしっかりやっておきましょう。

スポンサードリンク

お尻ニキビの予防

お尻ニキビの予防をするということは、ニキビの原因を作らないようにするということ。

つまり過剰な皮脂分泌を防ぐということですね。

 

  • 脂肪分や糖分の多い食生活を見直す(お菓子は我慢!)
  • 睡眠不足にならないように夜更かししない

 

日常生活を改め、食生活を改善することでお肌のターンオーバーが促され、角質が厚くなりにくくなるという効果があります。

これこそが自宅でできるお金もかからないニキビ予防法の基本ですね。

 

身に付ける下着でニキビ予防

下着の素材によってはニキビができやすくなってしまうものがあります。

特にツルツルしたような化学繊維でできているものは、通気性が悪いためムレやすいです。

ムレてしまうとお肌への刺激が心配です。

 

汗をかきやすい夏場は特にですが、汗を吸収してくれる素材の下着を身に付けた方が通気性も優れているのでオススメです。

綿100%の下着なんかが理想的ですね。

 

お尻は出来る限り清潔に

お尻は1日の大半の間衣服の中に隠れているため、頻繁に手入れをするのはちょっと厳しいですね。

ですが、お尻ニキビを予防するために大切なことはまず「清潔」にすることです。

ニキビ云々以前に清潔な方が良いのは当然ですけどね。

 

暑い夏場など、汗をかきやすい時期は特にですが「今日は暑かったな~」というときは、出来るだけ早いうちにシャワーを浴びたり、下着を別なものに交換するといいですね。
(普段から下着の予備を持ち歩かなければいけませんが。。)

また、お風呂の椅子やトイレの便座には目に見えないばい菌や細菌がたくさん付着しています

座る前に洗ったり、拭いたりしてキレイにしてから座るようにしましょう。