あなたは「あごニキビ」に悩まされていませんか?あごも顔の部位の中ではニキビができやすい部分なんです。

あごも皮脂の分泌が多く、毛穴の中に皮脂が溜まりやすいんですね。あごニキビの原因について、まとめたので原因を確認しておきましょう。

スポンサードリンク

あごニキビの原因とは?

あごニキビの原因と言われている中の大きな理由のひとつが「ホルモンバランス」の影響によるものです。

ホルモンバランスはあごに限らず他の部位にできるニキビにも共通に影響があるのですが、あごはその影響を強く受けやすいんですね。

特に生理中や妊娠中、出産後などのホルモンバランスが乱れやすい時期は顎ニキビができやすい傾向があります。

 

しかも、顎は無意識に手で触れてしまうことも多いため、一度できると治りにくくニキビを手で触ることで、菌がニキビに付いてしまうためです。

ニキビは触ると悪化してしまう」と言われているのはこういうことがあるからなんですね。患部が赤くプックリと腫れて赤ニキビになりやすいのも特徴です。

 

また、男性の場合はヒゲ剃りによって肌が傷付いてしまいやすいため、あごにニキビができることも多いですね。

スキンケアの偏り、不足

ニキビを気にする方ほどスキンケアには力を入れていますし、意識も強いです。

ですが、その意識がおでこや鼻、頬に向きやすく、あごのケアが不足していることが多いと言われています。

 

また、あご回りのスキンケアとしては、肌が乾燥しないように保湿ケアが必要です

一部ばかりを気にし過ぎないように満遍なくケアすることを意識するようにしましょう。

あごは特に乾燥しやすい傾向があるので、保湿は非常に大事です。

あごニキビに悩まされている場合は、保湿をいつもよりも強く意識してケアするようにしてあげてください。

 

保湿を強化したからといって、残念ながらニキビは1日、2日で治るものではありません。

継続してケアをし続けることが大切です。とにかく続けることであごニキビができづらい肌状態になっていきますし、もしもできてしまっても程度の軽い小さなニキビがちょびっとできたぐらいで済むようになってきます。